神経伝達物質

不注意は何故起こるのか。
もって生まれた機能障害です。
神経細胞のニューロンを使って脳から一方通行で枝分かれした後に次のニューロンにいきます。
この時つかわれるのが、神経伝達物質です。
集中力に関わるドーパミン。
情報を送る前にもどってしまい、やりかけたことに集中できないなど不注意な行動になってしまう。
トラブルが起きないように工夫をして生活するしかない。
完璧を求めないようにするなど、家族の助けがあってこその生活になります。
昔では解明されていなかった病があったとしても、理解されるのは不可能でしょうね。
自分自身もわからないし、もちろんまわりもわからない。
ある意味不幸なことですよね。
治療をして積極的な人生を送っている人もいる。